サイトメニュー

プチ整形の施術先の選び方

女医

安全性重視が基本

ボトックスを受ける時に、なにより先にチェックするのは料金や評判の良さという方がほとんどのはずです。確かにそこも、美容整形の施術を受けるうえで重要な点に違いありません。ただしボトックスの治療を受ける場合は、料金や評判よりもっと重視しなくてはいけない部分があります。それは治療に使われるボトックス製剤が、正規品であるかどうかということです。現在日本国内で正式に認可されているボトックスは、正規品であるアメリカの製薬会社のアラガン社の物だけとなっています。他の国で製造された製剤は、安全性や信頼性で厚生労働省の基準を満たしていないため国内での正式な認可は受けていません。実際に中国製の製剤には、正規品に入っていない豚のコラーゲンが配合されています。これにより投与後にアレルギーを発症する確率が他の製品より高く、使用する際には十分な注意が必要です。さらに製造するにあたっての製造工程そのものにも問題があるとされていて、製剤としての安定性に欠けます。こんな理由からも、ボトックスは正規品を使っている美容外科で受けることが大切です。施術先を選ぶ時は、必ずこの点に気を付けて探すようにしましょう。美容や医療目的で使うボトックスは、ボツリヌス菌の毒素が神経や筋肉に与える作用を利用します。毒素を注入することで神経や筋肉に指令が届きにくくなり、筋肉を委縮させたり汗腺から汗が出ないようにしたりすることが可能です。これで筋肉が原因になっていたしわや巨大化していた身体のパーツを、可能な限り小さく縮小することができます。ボトックスではこれを注射一本でコントロールするわけですが、成分が安定していない製剤では細かな微調整ができません。確かに作用が強く出てしまったり弱く出てしまったりというのでは、わずかな誤差が影響しかねないような治療では使えないのは当たり前です。その点アラガン社の提供するボトックスビスタなら、徹底した品質管理の元に製造されているのでそんな風に内容成分が不安定になることもありません。そのため正規品を使用していれば、整形時の効果の不安定さをさほど感じることなく施術をすることができます。正規品は他の発展途上国の製剤に比べて高い側面はありますが、それだけの価値はあります。ゆえに料金重視で選ぶ場合でも、正規品を使った中から安いところを比較して選ぶことがおすすめです。

Copyright© 2018 ボトックスはアンチエイジング治療の定番【注射の後も目立たず】 All Rights Reserved.